米軍嘉手納基地について

嘉手納飛行場の面積は1,997ヘクタール(東京国際(羽田空港の約2倍)で嘉手納町、沖縄市、北谷町の1市2町にまたがっています。 同飛行場は、昭和18年9月旧日本陸軍航空本部が北飛行場(現在の読谷補助飛行場)に引き続き建設を開始し、19年9月には旧日本軍の中飛行場として開設されました。その後、昭和20年4月、沖縄本島に上陸した米軍はただちに同飛行場を占領し、本土攻略のための前進基地として整備拡張を行い、同年6月には大型爆撃機が離発着できる全長2,250mの滑走路を完成させ、B-26やB-29等大型爆撃機の主力基地として使用してきました。 昭和25年6月、朝鮮戦争勃発以降、逐年基地機能が拡大強化され、昭和42年5月頃には4,000m級の2本の滑走路が完成するなど、極東における米軍の最重要基地となっています。 居住地区には、基地司令部、兵舎、通信施設、家族住宅、病院等があるほか、幼稚園、小・中・高校、図書館、野球場、ゴルフ場、映画館、カミサリー(スーパーマーケットのようなもの)、ボーリング場等の教養娯楽施設も完備されているほか、9,000人以上の家族が生活しています。 嘉手納基地と連動する嘉手納弾薬庫地区は、面積が2,884ヘクタールで、嘉手納町、沖縄市、具志川市、石川市、読谷村、恩納村の3市1町2村にまたがる広大な森林地域にあります。この地域は、リュウキュウマツなどの群落に加えてセマルハコガメ等の貴重な動植物が生息しているほか、本島中頭郡地区において水源が豊富なところで長田川、平山川、与那原川、比謝川があり貴重な水資源涵養林地域となっているところです。
この施設は、復帰の際に嘉手納、波平、知花の各弾薬庫や比謝川サイト等9施設を統合したものであり、空軍、海兵隊、海軍、陸軍の各種兵器の貯蔵庫として、また、極東地域への弾薬類の統合貯蔵補給地区として、きわめて重要な役割を果たしています。 弾薬貯蔵地域は立入りも厳重にチェックされ、特定の場所以外は禁煙とされており、弾薬庫群のほか整備工場、実験室、事務所等があり、弾薬の再生、組立、貯蔵施設管理がおこなわれています。また陸軍貯油施設として嘉手納タンクファームがあります。米軍は昭和20年から27年にかけて、これらの施設間の、嘉手納町、北谷町、那覇市、具志川市にタンクファームを建設し、昭和27年から28年にかけて、これらの施設間のパイプラインを敷設して連結しました。 施設を連結する送油管(PLO)は、北上ラインと南下ラインがあり、前者は、那覇軍港(那覇市)から浦添市~宜野湾市~北谷町~嘉手納飛行場(嘉手納町)までとなっており、米軍の主要基地間を結ぶ動脈としてジェット燃料やガソリンなどを送油しています。なお、北上ラインは、昭和60年6月に浦添市伊祖以南の施設(PLO)や平成2年12月に宜野湾市伊佐までが返還され北上ラインは完全に撤去されています。 嘉手納町は第二次大戦前、北谷村(現北谷町)の一行政区でありましたが、米軍嘉手納基地の構築によって村域が分断されたため、昭和23年12月4日人口3,879人をもって分村しました。(昭和51年1月町制施行)町総面積15.12k㎡の約82%に相当する12.46k㎡が米軍基地(①嘉手納飛行場、②嘉手納弾薬庫地区、③陸軍貯油施設)となっています。 そのため残されたわずか2.58k㎡の狭あいな地域に13,700人余の町民がひしめきあった生活を余儀なくされており、生活環境をはじめ、都市基盤の整備や産業の振興をすすめる上で大きな制約となっています。

嘉手納町の文化創造

屋良の獅子舞
屋良の獅子舞は独特の基本の型をもっていましたが、今では基本型を舞う人がいなくなってしまいました。 現在、戦後基本型の復活を図るべく有志の方々が、復活継承に努力しています。


總管太鼓(そうかんだいこ)
野國總管の偉業をたたえるとともに總管から受けついだこの命を、生きている喜びを、生命の鼓動を太鼓に託して、1991年10月に誕生しました。

町指定無形民族文化財 野里棒(保持団体:野里共進会 指定年月日:昭和51年7月20日)
野里の棒術は一名道棒ともいわれ、武術として普及し、二人が命がけで打ち合う姿は真剣勝負そのものです。棒術は組棒と一人棒があり、六尺棒と三尺棒の二種類があります。 組棒は戦前まで49組ありましたが、現在は11組しか継承されていません。 一人棒は三手あります。

町指定無形民族文化財 千原エイサー(保持団体:千原郷友会 指定年月日:昭和51年7月20日)
千原エイサーの始まりは、租先の御霊に対する供養と字民の健康、繁栄ゃ豊作を願う奉納舞踊として、若者達が始めたといわれています。 沖縄県にはエイサーが数多くありますが、男性だけて踊るエイサーは千原エイサーだけだといわれ、大さな特徴になっています。

嘉手納町のイベント

比謝川鯉のぼリフェスタ(4月中旬 町総合福祉センター・嘉手納漁港)
子どもたちの健やかな成長を願い、比謝川河口上空に400匹の鯉のぼりが掲げられます。 鯉のぼり掲揚式のほか遊覧船やカヌー、ジェットスキーなどの川遊びが盛りだくさんのイベントてす。

嘉手納ハーリー(旧5月4日直後の日曜日 嘉手納漁港)
海事の安全と豊漁を願い、漁民によるハーリーや職域による競争、子どもハーリーなどが行われます。


比謝川激流下り(YOU・遊・比謝川プレイベント)(6月下旬 比謝川)


YOU・遊・比謝川かっぱ祭り(7月中旬 屋良城址公園)
”比謝川に清流をとりもどそう”をモットーに始まったYOU・遊・比謝川は、イカダ競争など、川を利用した多彩なイベントが町外に話題を呼び、県内を代表するリバーまつりとして定着しつつあります。

カデナ・ミュージック・グラフイティ(10月頃 嘉手納文化センター)

商店街エイサー広場(旧7月16日 新町通り)
この日は通り全体が歩行者天国となり、千原(センバル)エイサーや各区のエイサーが一同に集い勇壮な演舞を披露します。

子供芸能祭(8月頃) 嘉手納町陸上競技大会(9月頃 嘉手納陸上競技場)

野國總管まつり(10月第1土・日 兼久海浜公園)
野國總管の遺徳を偲び、町民文化の発見をめざし開催している野國總管まつりでは、全琉カラオケ大会など趣向を凝らした数々のイベントが繰り広げられます。

嘉手納町文化祭(11月頃) 婦人芸能祭(11月頃)